2017年07月12日

お中元のはじまりは?

どーも、観山荘が作っている日本文化情報誌「趣人」の編集長です。

これから新シリーズとして、その時々に思ったこと、観たものなどを

ご紹介していきたいと思います。

一回目のテーマは、「お中元」。

皆さん、お中元していますか。今まで僕もあまりしたことなかったんですが

年齢を重ねたこともあり、少しずつお世話になった人に贈るようになったら

なんかこれが結構気分のいいものなんです。

 

ところでそもそもこのお中元、ルーツは中国の道教の行事だったそうです。

上元は1月、中元は7月、下元は10月のそれぞれ15日が道教の神様を

まつる日だったのです。

中元はさまざまな罪が許される日で、お盆と重なり、祖先を供養し

両親に贈り物をするようになったのが、お中元の始まりだそうです。

だとしたら、お中元を贈ると、これまでのいろんな罪?がより

許されるかしれませんね(笑)。

 

お中元、観山荘の明太子、いいですよ。

軽やかな辛みとまろやかなおいしさは、他になかなかないですよ。

 

最近の記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 店舗のご案内

    観山荘別館

    〒802-0061 北九州市小倉北区三郎丸3-10-41

    TEL:093-941-2151(予約受付9:00~22:00) / FAX:093-922-2301

    営業時間:11:30~13:30 (OS) 17:30~21:30 (CL)

  • 都会の喧騒を忘れ、四季折々の花で彩られた北九州屈指の枯山水の庭園を眺めながら、ゆっくりと寛げる空間で美味しい料理と美酒に酔いしれる。老舗料亭の雅なひとときをお楽しみいただきたい。