桜坂スタッフブログ

2017年10月12日

観山寄席、第一夜レポート

いやー昨日の桜坂公演も笑わせていただきました。満員御礼90名近いお客様も
身体をよじりながら笑ってました。

一席目は、元力士という師匠にしかできない角界の裏話から
「稲川」へ。
この噺は大阪相撲の稲川という力士が主人公。江戸へ出て来ましたが、
十日間全勝をしても贔屓(ひいき)が出来ません。
もう大阪へ帰ろうかと考えているところへ、
汚い乞食が現れて蕎麦をおごるから食べてくれという。

 「大名でも乞食でも贔屓に変わりはない。
儂の贔屓と言うならば喜んでいただきます」と快く蕎麦を食べますと、
乞食の合図で大勢が酒肴を運び込んでくる。
自分は実は河岸の新井屋と言い、大阪見物の折り稲川に惚れ込み、
江戸へ来たから贔屓にしようと思っていたと話す。

とまあ、なんとも気持ちの良い噺。この涼風のような人情噺を

足の大きさ29.5㎝という師匠が話すから、

主人公の相撲取りのリアルなこと。結構な一席でした。

 

中入りを挟んで二席目は、大爆笑の「胴切り」
辻斬りを試そうと名刀を手に入れた武士。普段ボーとしてる
町人を真っ二つに切った。しかしこの町人。ボーとしてる
せいか、切られても最初は気づかず、
わかった後も胴と足は別々だけど元気。
そこで仲間の兄貴が胴体は風呂屋の番台へ、
足はこんにゃくやでずっとこんにゃくを踏み続けるという仕事を与えた。
別々に元気に仕事をする胴体と足。さてその落ちは?

なんていう落語らしいシュールでバカバカしい一席。

90名が一斉にどっと笑う中にいる幸せ。

さあ、今日は小倉観山荘別館での二夜目。
おかげでお客様はいっぱいです。

2017年10月12日

観山寄席、第一夜レポート

いやー昨日も笑わせていただきました。満員御礼90名近いお客様も
身体をよじりながら笑ってました。

一席目は、元力士という師匠にしかできない角界の裏話から
「稲川」へ。
この噺は大阪相撲の稲川という力士が主人公。江戸へ出て来ましたが、
十日間全勝をしても贔屓(ひいき)が出来ません。
もう大阪へ帰ろうかと考えているところへ、
汚い乞食が現れて蕎麦をおごるから食べてくれという。

 「大名でも乞食でも贔屓に変わりはない。
儂の贔屓と言うならば喜んでいただきます」と快く蕎麦を食べますと、
乞食の合図で大勢が酒肴を運び込んでくる。
自分は実は河岸の新井屋と言い、大阪見物の折り稲川に惚れ込み、
江戸へ来たから贔屓にしようと思っていたと話す。

とまあ、なんとも気持ちの良い噺。この涼風のような人情噺を

足の大きさ29.5㎝という師匠が話すから、

主人公の相撲取りのリアルなこと。結構な一席でした。

 

中入りを挟んで二席目は、大爆笑の「胴切り」
辻斬りを試そうと名刀を手に入れた武士。普段ボーとしてる
町人を真っ二つに切った。しかしこの町人。ボーとしてる
せいか、切られても最初は気づかず、
わかった後も胴と足は別々だけど元気。
そこで仲間の兄貴が胴体は風呂屋の番台へ、
足はこんにゃくやでずっとこんにゃくを踏み続けるという仕事を与えた。
別々に元気に仕事をする胴体と足。さてその落ちは?

なんていう落語らしいシュールでバカバカしい一席。

90名が一斉にどっと笑う中にいる幸せ。

さあ、今日は小倉観山荘別館での二夜目。
おかげでお客様はいっぱいです。

 

 

2017年07月12日

「趣人」編集長のひとり言

どーも、観山荘が作っている日本文化情報誌「趣人」の編集長です。

これから新シリーズとして、その時々に思ったこと、観たものなどを

ご紹介していきたいと思います。

一回目のテーマは、「お中元」。

皆さん、お中元していますか。今まで僕もあまりしたことなかったんですが

年齢を重ねたこともあり、少しずつお世話になった人に贈るようになったら

なんかこれが結構気分のいいものなんです。

 

ところでそもそもこのお中元、ルーツは中国の道教の行事だったそうです。

上元は1月、中元は7月、下元は10月のそれぞれ15日が道教の神様を

まつる日だったのです。

中元はさまざまな罪が許される日で、お盆と重なり、祖先を供養し

両親に贈り物をするようになったのが、お中元の始まりだそうです。

だとしたら、お中元を贈ると、これまでのいろんな罪?がより

許されるかしれませんね(笑)。

 

お中元、観山荘の明太子、いいですよ。

軽やかな辛みとまろやかなおいしさは、他になかなかないですよ。

 

 

 

2017年04月26日

鳴門煮ってなあに?

鳴門海峡の渦にちなんだもので

渦巻状の切り口を見せる料理や

食材につける名前です。

また、鳴門地方はワカメの本場

だったことから、ワカメを使った

料理にも使われます。

s-201704-15000

詳しくはこちらをどうぞ。

http://kanzan.net/sakurazaka/menu/

 

2017年03月07日

射込み焼きってなあに?

恒例、料理のことばシリーズ。

4月のメニューからご紹介するのは、

新筍の射込み焼き。

さて、この「射込み」とは何でしょう?

これは。食材をくり抜いて筒状にしたり、

包丁をして中空の袋状にし、その中に詰め物をする料理法

のことです。

香ばしい筍の風味が一層増す、射込み焼き。

ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://kanzan.net/sakurazaka/menu/

写真は1万5千円のコースです。

s-menu201703-15000

 

2017年02月05日

「土佐まぶし」ってなあに?

2月の料理のことばです。

1万5千円コースから。

こごみ土佐まぶしとは。

土佐(高知県)は、かつお節の産地として

有名。このことから、かつお節を利用する

調味料、料理の献立にこの名がつきました。

s201702-15000

 

 

 

 

 

 

2017年01月04日

奉書巻きってなあに?

今年も気になる料理のことばを紹介していきます。

1万5千円コースより

201701-d15000

サーモン奉書巻きとは。

奉書とは「上意を奉じて下す命令の文章」という意味があり、この文章に用いたということからつけられた名称です。

そして、巻き紙の形を模してサーモンをかぶの桂むきで巻いて酢の物に仕立てたものなどを「奉書巻き」と呼びます。

2016年12月11日

蓮(はす)蒸しってなあに?

12月の献立より、気になる料理のことばを

紹介します。

まずは1万5千円コースより。

m201612-15000

鮑(あわび)東寺蒸しとは。

湯葉の別名として使われる言葉で、京都の東寺で

湯葉が作られたことからこの名前が付けられました。

1万円コース。

m201612-10000

いとより鯛蓮蒸しとは。

れんこんをすりおろして固めてから蒸し、

餡をかけた料理のことです。

七千円コース。

m201612-7000

日田産もろこ有馬煮とは。

肉や魚などの具材を、醤油や酒で濃い目に味付けし

実山椒を加えて煮たものことです。

兵庫県有馬が山椒の名産地であったことから

この名前が付きました。

5千円コース。

m201612-5000

日向赤鶏難波焼とは。

古くから葱の産地として有名な大阪の難波に

ちなんで、葱を使った料理のことを「難波」と

呼んでいます。

今日紹介した「東寺」、「有馬」もそうですが

日本料理にはこのように、その土地の特産物を

名前に使うことが多くあります。

 

 

 

最近の記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 店舗のご案内

    桜坂観山荘

    〒810-0031 福岡市中央区谷1-3-20

    TEL:092-721-5588(予約受付9:00~22:00) / FAX:092-721-0770

    営業時間:11:30~13:30 (OS)
    17:30~21:30 (CL)

  • 桜坂観山荘は桜坂の高台にたたずむモダン和風な近代料亭です。社用の接待や新年会、歓送迎会などの宴会や慶事、法事、さらに結納、婚礼まで。季節の懐石料理をお楽しみいただけます。